【Earth】オーストラリアの火災

テレビではあまり報道されないけど、今、SNSで世界中の人が取り上げているオーストラリアの火災の現状。
いつから起こっているの?なんで火災が起きるの?
私が疑問に思ったことを調べてみたよ。

(色んな記事やニュースを読んで調べてみたけど、色んな事が書いてあって、調べるうちに混乱…
私がこれから書く事が100%正解!とは言い切れないけど、これも、原因の1つなんだ…と思って読んでいただけると幸いです。)

写真:Matthew Abbott/The New York Times)

いつから火災が起きているの?


今回の火災は2019年の9月から起こったものが燃え続けているらしい。(もう5ヶ月も…)
元来オーストラリアは山火事の常襲国。
本来は夏の12月から始まる山火事シーズンが、2019年は異例に早始まったみたい。
→なんで?
2017年から続く、数百年来ともいわれる大干ばつ、加えて2019年の記録的な高温と少雨が原因の1つだそう

どうしてこんなに燃え広がっているの?


大きく分けると自然災害と人的災害。それぞれの原因が(下に書いているものが全てではない)

◯自然災害◯

・乾燥気候+干ばつ
地球温暖化により気温が上昇して、温度が高くなり、水分がないため火災が発生するとすぐに火が燃え広がる。

・ユーカリの葉
ユーカリの葉はテルペンと呼ばれる生成物質を放出していて、テルペンは燃えやすい。気温が上昇するとこの量が増える。
夏に気温が上がり、テルペンが大量に放出されることによって火災を起こし燃え広がる。

・気候変動

・落雷

◯人的災害◯

放火など

現在の被害状況(私が調べた1/7時点の数字です)

・800万ヘクタールが被害(北海道の面積に値)
・25人が死亡、1,500軒以上の建物が焼失
・ニューサウスウェールズ州のミッドノースコーストと呼ばれるエリアでは、その地域の全コアラの30%に当たる、8,000頭が焼死した可能性がある
・山火事により犠牲になった鳥、動物、爬虫類の総数は、オーストラリア全土で5億匹にも及ぶ恐れがある
・現在もニューサウスウェールズ州とビクトリア州では130件を超える山火事が続いている

鎮火方法は、雨による自然鎮火を待つしかないそうですが、降水量が本当に少ないそうで…

私たちにできることは?

これ、不思議なことに、調べても全然出てこない!!!1番知りたかったけど、具体的なことってあまり書いてなくって…
◯募金
これが私たちの1番早く力になれる方法なのかなぁ。
私はなんで火災がこんなに広がってるのか知ってから募金したかったから、これから募金先を調べます!
募金先は自分が信用できる団体だったら、どこでもいいと思ってる!
そして、やっぱり思うのは、
地球温暖化の対策をするべき。
温暖化が原因に当たるなら、それを対策しなくてはいけないと思う。少しずつでも、みんながやれば大きな力になっていくって信じてる!!!!
他にもいっぱい力になれる方法はあると思うから、こういうことやってるよ!という方がいらっしゃったら、是非教えていただきたいです。

環境問題って調べれば調べるほど奥が深くって色々な事が書いてあって心が折れそうになるけど、絶対に考えなきゃいけないし、変えて行かなきゃいけないことだと思うので、これからも気になったことを調べて、このブログに書いていきたいです!

♡MAHALO♡

Sakkiii

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。